2016年10月02日

死ぬかとおもた

閉山直前、ちょっと予定が空いて
天気予報を見る。 曇りのち晴れ
たまーにスキー旅行で使うオリオンツアーで残席を確認すると空いてる。
よし、行っちゃえということで行ってきました。
富士山

日本ユース主催、ツアーガイド付き、8合目白雲荘指定コースです。
写真はおなじツアーの人とか結構写ってるのが多いのでまた今度!

9月10日
朝7時過ぎに名古屋を出発
15:00頃に富士スバルライン5合目に到着
全部で29人の大所帯。その中には普段山登りとかしない60前後の人も・・・
1時間ほど着替えやら何やらで身体を慣らして出発
なんかペースが速い・・・
一緒に登る添乗員さんに聞いてみると
「こんなハイペースはあまり無いです」
とのこと。
事前の情報収集で見た限り
5〜6合目の緩い部分で歩きが速いガイドはハズレ的な事を書いてるとこが多かったので
かなーり不安に。
添乗員さんと最後尾をゆっくり行ってると脱落扱いされそうになtt
散歩道と変わらん道路みたいなとこで脱落するか!

ちなみに、集団で登る場合は遅い人が前に行くのがセオリーで
このガイドさんもそこは指示していたのですが・・・
遅れそうになるとフォローと同時にもっと早く歩け的な体育会系の叱咤激励が飛んでた模様
( ゚д゚)慣れてない素人にそりゃねーだろ

その後21時ごろに白雲荘到着
ご飯はちっちゃいハンバーグとソーセージの付いたカレー
足りない・・・
朝ごはんですって渡された助六寿司もその場で食べた!

ちょっとだけ休んで・・・布団は普通に仰向けで寝てても隣と肩が当たる
これが噂の富士山の山小屋か・・・( ゚д゚)これ入り口の広間的なとこでストレッチしてた方が良いわ

ちなみに北穂高の北穂高小屋が日本一高いと言われますが、
標高自体は富士山の8合目以上にある山小屋の方が高いです。
なんでだろー富士山の山小屋って山小屋扱いされてない?
これ以上はストップ爆弾

翌日は1時30分頃出発
日の出は5時過ぎなので3時間半前に出発です。
でも渋滞がひどいので下山道から廻りこみました。
5時過ぎに山頂到着
風が強い、寒い、曇ってる!
結局、ご来光の時間は視界が悪すぎて日の出どころじゃありません。

でも6時過ぎに下山を始めて1時間もしないうちに晴れました
ツアーの人が写ってるので、ちょっと下をカットして人のとこだけかるくモザイク。
たぶん判別できる人はいない・・・はず!
富士山9合目
こういう景色は3000m越えないと見れません。
っていうかあと1時間早くこうなってくれていれば・・・

11時ごろまでに下山、その後近くの温泉で疲れを癒し
18時過ぎに名古屋につくまでずっと寝てました。

来年は・・・お鉢巡りできなかったのでそれやりたいけど
人多すぎて何度も行きたくない・・・
やっぱり富士山は自分で登るんじゃなくて
他の山に登ってそっから見る山でした。

ちなみにタイトルは
・・・次の日から筋肉痛で階段降りれませんでした!
posted by 風祈 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き

2013年08月03日

夏の趣味

やべぇ、正月以来更新してねぇwww
順不同で適当にごまかします。
ゴメンナサイorz

夏の体力づくりもかねて何かしら運動を考えようとしていた矢先
「それだけ装備あるなら、靴さえあれば夏山楽勝だね」
と言われ考える・・・

( ゚д゚)・・・景色は良いし空気も美味いからまぁいっか

じつはローカットのハイキングシューズは持ってたんですが
それだと雨とかで水入っちゃうので
好日山荘行ってハイカットのトレッキングシューズ買いました。
ついでに撥水・ストレッチ生地のアルパインパンツも。

けっこうお高い・・・サイフガイキシテナイorz

というわけでぇ光画部発動!

6月 木曽駒ケ岳千畳敷散策(の予定が馬籠ハイキング)

いや、当日になってロープウェイが定期メンテナンスで止まってることが発覚
急遽途中の馬籠⇔妻籠のハイキングコースに変更〜
まだ雪が残ってて夏山装備じゃ登れないってことでハイキングだったのですが・・

え?冬山装備持ってんじゃないかって?
さすがにアイゼンとピッケルは持ってません。
ビーコン・プローブ・スコップは持ってるけどね。
冬はスキーしに山に行くから降りるのメインで登るのはメインじゃないんだよ!

ただの散策ってことで会社の女の子誘ってたりしたので
変更するにも登山は無しってことで選択肢が無く・・・
実は去年も行ってて、馬籠⇒妻籠で歩いてるので
今回は逆の妻籠⇒馬籠へとあるきました。

馬籠の滝
この回は自分で写真撮ってないから、一緒に行った人からもらいました。
途中で2個ある滝の一つです。

7月大日ヶ岳

こちらは小手調べ
高鷲スノーパークのゴンドラが夏の間動くので
それを使ってスキー場の上まで一気に上ります。

そこから登山道で大日ヶ岳山頂まで歩き
dainiti1.jpg

途中から撮った山頂
あまり標高の高い山ではありませんが、岐阜市内より涼しくて景色は良いです。
1時間弱で山頂に到着。
山頂には大日如来が鎮座してました。
dainiti2.jpg

食事にするには早すぎるので、一度スキー場の山頂まで戻り
そこで昼食
帰りに温泉に入って帰りました。

次は8月末に木曽駒ケ岳予定です( ゚д゚)b
今回は雪も無いし山頂まで行く予定
雲が無ければ富士山も見えるみたいなので楽しみっす
posted by 風祈 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き